忍者ブログ
[PR]
2017.11.24 Friday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


| 01:53 |
ラストドライブ
2010.03.14 Sunday
しばらく更新が開いてしまいました。
フランクフルトも徐々に春めいてきたかと思いきや、先週は突然雪が降ったり、氷点下に逆戻りの日もあったり、例年通りなかなかすぐには春がやってきてくれません。

そんななか、我が家にはこの春大きな変化が訪れることに。
約2年半のドイツ生活も残すところあと1週間となりました。
新年度は日本での生活を再開します!

渡独時同様直前の発表だったため、帰国の実感も湧かぬまま怒涛の引越し準備を始める事になり、ここ数週間は目の回るような日々でした。

明後日には車を手放す為、今日は作業の合間を縫って最後のドライブ。
フランクフルトの北西にあるLimburgという街へ。
我が家からは40~50分の場所で、今まで何度もすぐ近くを通っていたのに行く機会がなかった場所でした。"いつでも行ける"と思うとかえって行けないものですよね。

2年半たっくさん走ったアウトバーンも今日が最後。
旦那は最後に思う存分時速200km超でぶっ飛ばしていらっしゃいました(w





リンブルクのDomはちょっと高台にあってアウトバーンからも見えるのですが、近くで見ると想像以上に大きく、赤と白のコントラストがとても綺麗でした。お天気がイマイチだったのが残念。



日曜日でほとんどのお店がお休みですが、木組みの家が沢山残る可愛い街並みなので、少しだけ散歩。こんな街並みもしばらく見納めです。


帰国決定直後はなかなか実感が持てませんでしたが、友達が送別会を開いてくれたり、
家の中にダンボールの山が増えてきたり、もうすぐ車がなくなるんだ、と思うとどんどん淋しくなってきてしまいました。

残り一週間、ゆっくり別れを惜しんでいる余裕はなさそうですが
悔いの残らぬように過ごしたいと思います☆
PR

Germany | 21:00 | Comments(4)
年越しプチ旅行②
2010.01.06 Wednesday
2010年の元旦早々に我々が訪れたのはHamburgからさらに北へ120Kmほどの所にあるバルト海沿岸のKiel(キール)とLaboe(ラボー)。


Marine-Ehrenmal auf einer größeren Karte anzeigen

Laboeの海岸には戦争で実際に使われたUボート(潜水艦)が保存・公開されています。

ここは北ドイツに行く事を決めたとき、必ず見学したいと思った場所。
日程の都合上行ける日が元旦しかなかったため、事前に博物館に電話で問い合わせをし、開館していることを確認してから行きました。

私たちが到着した時、見学者は他に誰もおらず駐車場はガラッガラ。一瞬不安になりましたが、チケット売り場の建物に入ると係員のおじさん2人が笑顔で"Happy New Year!!"と迎えてくれて一安心。
元旦に見学に来る日本人なんてまずいないでしょうから、さぞ珍しかったことと思います(^-^;


この先は少々マニアック&重い内容なのでご興味のある方はドウゾ。



Germany | 15:00 | Comments(0)
年越しプチ旅行①
2010.01.06 Wednesday
前記事でちらっと書きましたが、年末年始は国内プチ旅行をしておりました。
行き先は北ドイツ。ルートはこんな感じでした。

12/30: Frankfurt → Bremen泊
12/31: Bremen → Hamburg泊
1/1 : Hamburg → Kiel → Laboe → Lübeck → Schwerin → Hamburg泊
1/2 : Hamburg → Hildesheim → Braunschweig → Frankfurt


Größere Kartenansicht

12月30日、旦那の仕事納め後19:30頃Frankfurtを出発してBremenに1泊、
その後Hamburgに2泊して帰ってきました。
北へ行けば行くほど雪深く寒くなるのかな?と思いきや、今回一番雪が多かったのはBremenのあたり。アウトバーンが一部通行止めになっていたり、制限速度が設けられている部分が多かったり、アウトバーン外は路面が凍結していてスリップしそうになったり、と夏のドライブに比べると移動だけでかなり時間を取られてしまいます。
今回も私は一切運転してませんが。


Bremenはグリム童話『ブレーメンの音楽隊』でお馴染みの街。
ガイドブックにも"信じられないくらい何気なく立っている"と書かれている音楽隊像。(なんだその紹介の仕方ww)"見てガッカリした"という声もチラホラ聞きますが、私はあまり期待していなかったせいか、普通にカワイイじゃないか♪と思いました。
雪が積もって寒そうですが(;^_^A

ロバの足がピカピカなのは、触れると幸福になれると言われているから、らしい。



雪景色の市庁舎と大聖堂。


北ドイツでは建築を見るのも楽しみにしていました。
この辺りは昔々は氷の中だった為石を切り出せる山がなく、Frankfurt近郊ではあまり見られないレンガ造りが主流。



Lübeckにあるマリエン教会↓は、レンガ造りのとても大きなゴシック教会。
ゴシック様式というと、ケルン大聖堂のような細かい彫刻の建築を思い浮かべますが、粘土焼きのレンガのため彫刻を彫る事ができず、同じゴシックでもとてもシンプルな外観になっています。
バルト海沿いの街にはこの教会をお手本にした建築が沢山あるそうです。



クリスマスの終わった冬期は完全にオフシーズンな上に大晦日や元旦に訪れた為、どこに行ってもお店はほとんどお休みで人も少なく寂しい感じでしたが、かえってそれが良い雰囲気を醸し出しているような、冬のドイツも良いな、と思わせてくれました。
(ま、元旦に訪れた街の足元は花火の残骸だらけでしたけどねw)

Germany | 14:00 | Comments(0)
Weinbonbons
2009.12.13 Sunday
今年は暖かい初冬だったドイツ。
空はどんより真っ暗でも気温はそこそこ上がる、という日が続いていました。
しかし遂に寒い冬がやってきました。今日は初雪が降り、明日から1週間の天気予報でも雪マークの日があり、最高気温が0度を上回る日はしばらく無い模様。。

昨日は西のモーゼル川周辺へ出かけていたのですが、こちらも途中の道はうっすら雪景色でした。



途中に寄った小さな町。この時期はどんな小さな町でも大抵クリスマスの飾りつけがされていて可愛いです☆



この町に寄った目的は、以前知人に頂いて美味しかった飴を買いに行く為。
小さな小さな飴専門店ですが、ディスプレイもとっても可愛かったです☆





飴はドイツ語でBonbonと言います。
店内にはフルーツやハチミツ、ハーブなど数十種類のBonbonが並んでいます。
以前頂いて美味しかったのが、Weinbonbons(ワイン飴)のRiesling
ドイツワインに使われるぶどうの品種で有名なリースリングを使った白ワイン味です。

お店のおじさんが全て手作業で作っている飴。事前予約をすれば製造過程を見学できると聞いていましたが、なんとタイミング良くちょうどリースリング飴を作っている時に到着!
写真だと少々コワモテ(wに見えるこのおじさん、とっても感じの良い人で、出来立てを試食させてくれました♪



リースリングの他に、赤ワイン味、フェーダーヴァイサー味、グリューワイン味もありました。
グリューワイン味以外は小さなぶどうの形になっています。



ワイン味とはいってもアルコールが入っているわけではなく、でもただのぶどう味とも少し違う、素朴で優しい味。ついつい食べ過ぎてしまいます(^-^;

Germany | 16:00 | Comments(2)
旧東ドイツ③Leipzig
2009.12.06 Sunday
ドレスデンからフランクフルトへ帰る途中、ライプツィヒに寄りました。
ライプツィヒはベルリンの壁の崩壊、東西ドイツ統一のきっかけとなった住民運動発祥の地。

市内のニコライ教会で、1982年9月から毎週月曜日に"平和の祈り"の後、東ドイツの民主化を求めるデモが始まり、当初は数百人規模だったものが1989年10月9日には7万人が参加したそうです。

教会横の広場に記念のプレートがありました。
月曜デモに参加した勇敢な市民たちの足跡を意味しているそうです。



が、この広場では現在クリスマスマーケット開催中。




おばちゃんプレート踏んでるし!




今年でベルリンの壁崩壊から20年。
こんな光景をぷっと笑って見られる現代に感謝。

20年前の私達にとっては遠い外国のできごと。ここに暮らしている今も国が分断されていた当時の様子は全く想像ができませんが、先月9日の記念日にはベルリンで盛大なセレモニーが行われ、テレビで何チャンネルも同時にその模様が生中継され、統一の喜びをほんの少し近くで感じることができたような気がします。

現在もニコライ教会では毎週月曜日に平和の祈りが続けられているそうです。

Germany | 00:00 | Comments(0)
旧東ドイツ②Sächsische Schweiz
2009.12.05 Saturday


ドレスデンの南、チェコとの国境近くに「Sächsische Schweiz(ザクセンのスイス)」と呼ばれる土地があります。のっぺりとした平野を見慣れているので、ドイツらしからぬ荒々しい風景はちょっと新鮮でした。

お天気がイマイチだったので、「ここは夏に来るべきだったかもね・・・」と話しつつ、岩山の上に立つドイツ最大の要塞Königstein(ケーニヒシュタイン)へ。



駐車場からお城の敷地内までも結構な坂道を歩いて上り、チケット売り場で入場料がエレベーター込と書いてあったため、節約しようぜ!とヒィヒィ言いながらさらに歩いて上り、歩いて登ってきた人用のチケット売り場に行ったら、なんとエレベーター込と同額だった…_| ̄|○ という無駄な疲れはありましたが、「これは確かに敵が攻め入るのはキツイな!」という事を身をもって体感できました(w



城内でもさらに階段&坂道を上り、漸く中庭のような所に到着すると、
お城の中でクリスマスマーケットが開催中。





マルクトはとっても素朴な感じ♪
これがグリューワインの鍋。豪快です。



ドレスデンみたいな華やかなマルクトも良いけど、こういう地元の人が集まるような暖かい感じもほっこり落ち着けて良いです◎
マルクト開催中とは知らずに訪れたので嬉しい驚きでした。冬に来て良かった♪

Germany | 01:00 | Comments(0)

>>

忍者ブログ[PR]