忍者ブログ
<<ドライブ旅行 ③ジェノバ~モナコ| main |ドライブ旅行 ①スイス>>
[PR]
2017.06.26 Monday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


| 02:26 |
ドライブ旅行 ②ミラノ
2008.09.21 Sunday
2日目の今日はスイス・アイロロからアルプス山脈を越えてさらに南下、イタリア・ミラノへ。
アイロロからの道のりにはもうキツイ山道は無く、山脈の間を抜ける高速道路をひたすら進みました。下から見上げる山脈はものすごい高さで、日の出前の薄暗い状態では一瞬雲と見間違える程でした。

1時間半くらいでミラノへは到着しましたが、市内中心部の道路がとっても走りにくい!ドイツも路面電車と車が並走する道はよくあるけど、ミラノはその量がもっと多く、さらに車道だけの道路は一方通行だらけ。車道も石畳になっている所が多いので、車に乗っていると振動が激しい( ̄ω ̄;)



入り組んだ道を通って一旦車を停め、漸くドゥオモのある広場へ。
ナビなしでは辿り着けなかったかも(^┰^;)ゞ



真っ白のゴシック建築の大聖堂。大きさは世界最大だとか。
朝の早い時間帯だったので人も全然いなくて、外観も内部もゆっくり見る事ができました。

ガイドブックによると、日曜日のミラノ市内はほとんどのお店が閉まっている、という事なので、車に戻って郊外にある日曜も営業のアウトレットへ。
日本でもいくつかアウトレットに行った事はあるけど、大抵見るだけで終わってしまう我々。今回も特に買い物をすることなく、ウィンドウショッピングだけで終わってしまいました(^∇^;)

その後再びミラノに戻り、ホテルにチェックイン&車を駐車してから地下鉄で市内観光へ。(←車でちょこちょこ移動するより早いし楽。)夕方、ミラノ観光最大の目的の場所、サンタ・マリア・デッレ・ グラツィエ教会へ。



この教会の食堂には、有名な『最後の晩餐』の壁画があります。


※内部は撮影NGなのでコチラから画像をお借りしました

この壁画の見学は予約必須。我々は旅行の計画を立てた時期が遅く、何度も予約にトライしたものの全くチケットが取れず。半ば諦めかけていた時に、チケット予約代行業者経由でなんとかゲットできました!

指定された時間に教会へ行き、オーディオガイドを借りて内部へ。想像していたよりもずっと大きい。遠近法を使って描かれたこの絵、立体的でそれぞれの人物が浮き出しているような錯覚に陥ります。与えられた鑑賞時間の15分間、ずっと見入ってしまいました。自分で予約するより少々高くついたものの、これは見られて良かった!!

良い感じにお腹が空いてきたので、ドゥオモ広場まで電車で行き、事前に調べておいた日曜営業のレストランへ向かおうとすると、朝とは比べ物にならないくらいの人人人!



なぜか日曜なのにショッピングモールやデパートが営業していました。今日が特別なのか日曜も営業するようになったのかは不明。軽くお店を覗いてから、近くのレストランへ。



店員さんオススメのピッツァとパスタを注文。
やっぱりイタリア料理は美味しい~~♡→ܫ←♡そして店員さんの細やかな気配り(←日本なら当たり前の接客だけど、ドイツにはなかなか無かったりする。)にちょっと気分を良くし、満腹だったのにデザートまでしっかり食べて、旅行2日目も無事終了しました◎


☆本日の移動ルート☆

大きな地図で見る
PR

Travel ・Swiss+Italy+France | 22:30 | Comments(2)

Comment

旅行楽しんでいらっしゃいますね♪
↓下の記事見て旦那が「行った!行った!」と
ウハウハ喜んで見ていました。こっちの記事はまだ読んでいないけれどまた同じように喜ぶのでしょう(笑)
写真が奇麗だと感心していました
最後の晩餐見られたのですね。私達は予約が出来なくて
またいつかイタリアへ行く宿題にしておこうと諦めました
電話が通じなくて・・・予約代行業者があるのですね
今度教えて下さい♪
もりか URL | 2008/09/22 16:01 [ Edit ]
>もりかさん
もりかさんご家族もこの間行かれたばかりですもんね♪
最後の晩餐は自分で何度も電話して、既に売り切れと言われてたのですが、、代行業者の存在をネットで知り、ダメもとでいくつか当たってみたらようやく取れた、という感じです。
でも正規料金に比べるとかなり高いです( ̄ω ̄;)次回行かれるときは、かなり余裕を持って日程を決めて、あきらめずに何度も電話するのが一番良いかもです…(^┰^;)ゞ
Yukky URL | 2008/09/24 05:41 [ Edit ]






secret (管理人しか読むことができません)


忍者ブログ[PR]